長期休暇に合宿免許を利用する

バナー

長期休暇に合宿免許を利用する

合宿免許はホテルや旅館で合宿しながら免許取得を目指すものです。

観光地が近くにある人口の少ない地方の教習所で開催されていることが多いです。

このような教習所では少子化の影響を受けてしまっていたり、人が集まりにくい時期のスケジュールを埋めたいという事情があり、人をたくさん呼び込むために免許取得にかかる費用の総額が通学するよりも安く設定されています。

また教習生全員のスケジュールを教習所側が設定できるので、管理コストを抑えられるために費用が安くできるという裏事情もあります。

一般的に通学するパターンでは免許取得まで早くても1か月程度かかると言われています。
一方合宿免許の場合、ATで14日間、MTで16日間で仮免許を取得した上で教習所の卒業となり、その後地元に帰り都道府県免許センターで学科試験と適性試験を受け合格すれば免許が得られます。

なので最短15日で免許取得となります。

人には聞けない珍しい秋田の合宿免許は無駄が少ないです。

ですから長期休暇があり、平日の空き時間にはアルバイトをしたい学生にとって合宿免許はもってこいの方法です。
また合宿免許を行っている教習所が先に述べたように地方に多いというのは教習生にとって多くのメリットがあります。



混雑した道路で練習するのに不安がある人は落ち着いてじっくり運転の練習ができますし、自由時間の用意されている教習所では観光を楽しめます。

一緒に授業を受けている教習生と観光することで新しい友達を増やしたり、恋人ができることもあるかもしれません。